労働生産性を高める仮眠の仕方とは?仮眠することで労働生産性が上がる理由も徹底解説

いま、多くの企業がやっている仮眠で、労働生産性が上がるって本当?

このように思っている方も多いのではないでしょうか。

仮眠の効果は、最近の研究で証明されていますが「労働生産性」という観点で考えると「どのように仮眠で労働生産性を上げていくのか」と疑問に思う部分もあると思います。

そこで、今回は「仮眠することで労働生産性が上がる理由」と「仮眠で労働生産性を上げるやり方」をご紹介していきます。

仮眠することで労働生産性が上がる理由とは?

仮眠をとることで、労働生産性が上がる」とよく言われますが

仮眠するだけで本当に労働生産性が上がるの?」「仮眠のメリットって、結局なんなんだろう?

このように、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

確かに「仮眠による労働生産性」については、さまざまな企業が注目をしていますが、行なっていない企業もいるのが現状です。

そのため「仮眠で労働生産性を上がるなんて…」と思っている方もいるのです。

そこで、ここからは「仮眠で、労働生産性上げるメリット」についてご紹介していきます。

①パフォーマンスを上げることができる

会社でも学校でも、昼食を取ったあとは「眠気」に襲われる人がほとんどだと思います。

そのような眠気に襲われている中で「プレゼンの資料」「重要なタスク」を進めても、ミスが多くなってしまうため、

余計な仕事が増えて労働生産性を下げてしまうのです。

また、集中力を長く保つことができないため、自分のパフォーマンスを発揮することができず、会社からの評価も下がってしまいます。

このように、眠気に襲われたときに仮眠を取らないことで、労働生産性の低下につながってしまいます。

そこで、眠気に襲われた際には、無理して作業を続けるのではなくしっかりと「仮眠」をとることで、頭の中をスッキリさせ、労働生産性を上げることができます。

②認知機能・集中力が上がる

仮眠をすることで頭の中がリフレッシュするため「認知機能の向上」「集中力の増加」の効果があり、労働生産性を上げることが可能です。

また、仮眠をすることで、頭の中の情報が整理されていくため「何から始めたらいいのか」などのタスク管理をすることができ、労働生産性が上がっていくのです。

このように、仮眠をすることによって「午前中のような労働生産性」を保つことができます。また、仕事の質を保てるのも、仮眠をすることによって労働生産性を上げていくメリットです。

仮眠で労働生産性を上げるやり方とは?

労働生産性を上げたいし、とりあえず仮眠をとるか…

とりあえず、仮眠で労働生産性を少しでも上げたい

このように考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、むやみに仮眠をとっても労働生産性を上げることができません。

また、間違ったやり方で仮眠をとってしまうと「体調を崩す」「労働生産性が落ちる」など、大きなマイナスを生んでしまうこともあるのです。

そこで、ここからは「労働生産性を上げる仮眠のやり方」について、ご紹介していきます。

①仮眠で労働生産性を上げるには「20分以内」

仮眠を1時間以上してしまうと、「夜の睡眠」「労働生産性」影響が出てしまいます。

そのため、仮眠をしたことによって、睡眠の質が落ち、次の日の労働生産性が低下してしまうのです。

このようなことを避けるために、仮眠をする場合は、長くても30分以内に抑えて、その日の労働生産性を上げていくことを目的にすることが大切です。

また、労働生産性を上げるために、仮眠をする時間が1時間以上を超えてしまうと「死亡率が高まる」という研究結果があります。

その原因として、目が覚めた前の睡眠状態が、起きた際まで続いてしまうことによる「睡眠慣性の影響」と、仮眠をとっている際に無呼吸となってしまう「低酸素ストレス」などが挙げられます。

あくまで、仮眠をする目的としては「仮眠で脳を休めて労働生産性を上げる」ということです。

そのため、仮眠をしすぎて脳を休め過ぎてしまい「労働生産性が落ちる」「起きるのが辛い」という状況を避けるためにも、仮眠は15分~20分前後がオススメなのです。

②イスで仮眠をとっていく

イスで仮眠をとることで、熟睡しにくいため、「労働生産性」を上げる時間内に起きることができます。

また「労働生産性を上げる仮眠をするときの姿勢」として大切だと言われているのは『頭と首を固定する』『息が苦しくない』『手足がリラックスできる』ことです。

このような「電車で座って眠る姿勢」を意識することで、仮眠の労働生産性を上げることができるのです。

ただ、労働生産性を上げる仮眠をとる際に「首を固定するため」には、ネックピローをしてみる。

「手足のリラックス」を求めるには、膝に大きめの横長クッションを置いて、両腕を乗せるなどの工夫が大切です。

③ヨガマットを持参する

もし、会社に休憩スペースなどがある場合は、仮眠の労働生産性を高めるために「ヨガマット」を持参してみましょう。

「横になると、熟睡しちゃうんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ヨガマットは布団とは違い、硬さがあります。

そのため、目覚めの良さが違うのです。

④リラクゼーション音楽を活用する

「仮眠をすると、長く寝過ぎて労働生産性が上がってしまうのではないか」と不安な方は、リラックス効果のあるアラーム音にして、20分後にタイマーをかけておくことがオススメです。

なぜなら、仮眠をする際には「睡眠の質」に注目しがちですが、「目覚めの質」も高めることで、午後の労働生産性を上げることができるからです。

少しでも労働生産性を高める仮眠をする際には、「アラームが鳴ってビックリする音」を避け、リラックス効果のある音に変更しておくことで、ストレスを感じることなく「仮眠による労働生産性」を高めることができます。

⑤昼寝前のコーヒーを忘れない

「しっかりと起きれるか心配」「確実に、目が覚める方法で仮眠をしたい」

このように思っているサラリーマンの方もいると思います。

そこで、オススメの方法が「仮眠をする前にコーヒーを飲む」ということです。

なぜなら、仮眠をする前にコーヒーを飲むことで、ちょうど仮眠による労働生産性が上がる15分~20分前後にカフェインの効果が現れるからです。

しかし、このような労働生産性を上げる仮眠の方法は、コーヒーをあまり飲まない方に効果的なやり方です。

そのため「常にコーヒーを飲んでいる」というコーヒーに慣れている方には、あまり効果が出ない可能性が高いのです。

つまり、労働生産性を上げる仮眠をする際にコーヒーを飲むやり方は、その人の体質に合うと「労働生産性が上がる」ということなのです。

仮眠をしなくても労働生産性を上げる方法とは?

今まで「仮眠をすることで労働生産性を上げる」と、言ってきました。

しかし、なかには「なかなか仮眠をとれない」「意識しすぎて寝付けない」という方もいると思います。

そこで、ここからは「仮眠をしなくても労働生産性を上げる方法」をご紹介していきます。

①呼吸に集中すること

「仮眠をしよう」と思っても、なかなか寝付けないこともあると思います。

そのような事態が起きてしまうと「労働生産性を上げたいのに…」と焦ってしまいますよね。

そのようなときは「目をつぶって、呼吸に集中する」ことがオススメです。

呼吸の仕方は「鼻から吸って口から吐く」を繰り返していくだけ

このようにするだけでも、仮眠と同じような労働生産性の効果を実感することができます。

②昼寝をルーティンに加える

「なかなか寝付けない」という方は、仮眠をルーティンに入れることで、無理なく労働生産性を上げることができます。

例えば、「ランチの後に仮眠をする」「○時になったら仮眠をする」

このように、タイミングを具体的に決めてルーティンにすることで、脳が「仮眠する体勢」に入ってくれるのです。

また、「なかなか起きられない」という方もルーティンにすることで、アラームなしで起きられるようになるのもメリットの一つです。

仮眠で労働生産性を上げていこう

今回は「仮眠することで労働生産性が上がる理由」と「仮眠で労働生産性を上げるやり方」をご紹介しました。

仮眠で労働生産性を上げていくには、まず「仮眠するときの姿勢」が大切です。

また「なかなか寝られない」という方は、呼吸方法に気を配ることで、仮眠と同じような労働生産性の向上を実感することができます。

「労働生産性を上げる仮眠のやり方を知りたい」いう方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヘルスケア総合メディアサイトのメールマガジンを購読しませんか?

定期的に健康に関する情報を発信しています。メールアドレスを入力するだけで購読できます。