仮眠前にコーヒーを飲むことで、仕事のパフォーマンスが上がる?仮眠前にコーヒーを飲むときのポイントも徹底解説

「仮眠するときに、コーヒーがいいって本当?」

「コーヒーを飲んだら、仮眠の質が良くなるの?」

このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

最近では、仮眠前にコーヒーを飲む「コーヒーナップ」を導入している企業が多くなってきました。

しかし、「コーヒー」をイメージすると「仮眠の質の高さ」とは結びつかない方もいると思います。

そこで、今回は「仮眠をする前にコーヒーを飲むメリット」「仮眠前にコーヒーを飲むときのポイント」についてご紹介していきます。

仮眠をする前にコーヒーを飲むメリットとは?

先ほども言いましたが、最近では「仮眠」に対する重要性が高まってきました。

そのため、その「仮眠」に対する「質の高さ」が求められるようになったため、コーヒーの活用方法が見直されるようになったのです。

そこで、ここからは「仮眠をする前にコーヒーを飲むことで得られるメリット」についてご紹介していきます。

①ストレスが減っていく

昼食後に眠気を感じたときに、仮眠をする前にコーヒーを飲むことで、気持ちをリフレッシュすることができます。

また、仮眠前にコーヒーを飲むことで眠気を飛ばすことも可能なため、仕事が捗り、心に余裕が生まれます。

心に余裕が生まれることで、ストレスも軽減されていくため、仕事のモチベーションにもつながるのです。

②規則正しい生活に戻せる

仮眠する前にコーヒーを飲むことで、熟睡を防ぐことができます。

熟睡を防ぐことができると、規則正しい睡眠サイクルの確立につながっていくのです。

「仮眠前にコーヒーを飲む」という正しい方法を取り入れていくことで、夜の睡眠の質を上げることができます。

③生産性が上げられる

仮眠前にコーヒーを飲むことで、仮眠に最適な時間15分~20前後にコーヒーのカフェインが効き、すんなりと起きれるようになります。

目覚めがいいと、午後の仕事の効率が上がり、結果的に生産性が向上していくのです。

仮眠前のコーヒーの摂取には、このような効果もあることから、大手の企業も「仮眠前のコーヒー」を実施しているところがあるのです。

仮眠前にコーヒーを飲むデメリットとは?

先ほどは、仮眠前にコーヒーを飲むことのメリットについてお話してきました。

しかし、仮眠前にコーヒーを飲むことでデメリットも生じます。

そこで、ここからは「仮眠前にコーヒーを飲むことのデメリット」をご紹介していきます。

①コーヒーの準備が面倒

サラリーマンの場合は、オフィスなどに「セルフコーヒーマシン」などが併設されているところもあるのではないでしょうか。

また「仮眠前のコーヒー摂取」を導入している企業も「インスタントコーヒー」を常備していると思います。

そういったマシンがあると、最初のうちは「せっかくだし、仮眠前にいいコーヒーを…」と思って、自分で作ることが多いと思います。

しかし、長く続けていくと「仮眠するときにコーヒーを面倒くさいな」と感じ、継続ができなくなってしまいます。

そのため、なるべくなら「朝に仮眠用のコーヒーを買っておく」「自販機の場所を覚えておく」ことで、仮眠前のコーヒーを長く続けることができます。

②遅い時間帯には行えない

あまりにも遅い時間帯に仮眠をする際、コーヒーを飲んでしまうと「夜なのに、なかなか寝付けない」という現象が起こってしまいます。

そうなると、次の日の仕事のパフォーマンスが落ちてしまうため、なるべく早い時間帯(ランチ時)に行うことがオススメです。

③ ブラックが苦手だと効果が実感しにくい

仮眠前にコーヒーを飲むやり方は「目覚めを良くする」といった効果を狙ったものです。

そのため、ミルクや砂糖を入れず、ブラック方が効果が実感しやすいのです。

ただ、人によっては「ミルクを入れた方がリラックスする」という方もいるので、仮眠をする際のコーヒーは、自分に合った濃さや甘さで飲むことがオススメです。

仮眠前にコーヒーを飲むときのポイントとは?

「仮眠する前にコーヒーを飲むことは分かったけど、ポイントや注意点とかあるの?」

このように思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここからは「仮眠前にコーヒーを飲むときのポイント」についてご紹介していきます。

①アイスコーヒーにする

仮眠前にコーヒーを飲むことへの効果を実感するには、20分前後の仮眠が必要となります。

そのため、この「起きる」「20分前後で目覚める」というタイミングがズレてしまうと、「体調不良」「パフォーマンスの低下」が起こってしまうのです。

そのような事態を避けるためにも、仮眠する前は、体が温まってリラックスしすぎてしまうホットコーヒーを避け、仮眠に適切なアイスコーヒーにすることがオススメです。

また、スッキリと起きられる「仮眠前のコーヒーを飲むタイミング」は、人によって違っていきます。

自分に合ったいいタイミングで、仮眠前のコーヒーを飲むことが大切です。

②寝すぎないようにする

仮眠をする前に、コーヒーを飲むことで「眠気予防」にもつながります。

眠りには「入眠期:ごく浅い眠り」「軽睡眠期:浅い眠り」「中程度深睡眠期」「深睡眠期」の4段階があると言われています。

一般的に、仮眠をする際にコーヒーを飲まないと、約20分で深い眠りになる「中程度深睡眠期」「深睡眠期」になり、目覚めが悪くなってしまいます。

そのため「20分以内に起きる!」という意識を常にしておくことで、「まだ眠っていたい」という欲望を捨てることが、仮眠前のコーヒーを飲むポイントです。

③過剰摂取に注意する

いくら仮眠をする前のコーヒが良くても、カフェインを摂取しすぎてしまうと「覚醒」してしまい、夜の睡眠に影響が出てしまいます。

また、カフェインは「緑茶」などのお茶にも含まれているので、「一日にどのくらいカフェインを摂取しているか」を考えながら、仮眠前のコーヒーの過剰摂取を避けるようにすることがポイントです。

④リラックスを心がける

仮眠前にコーヒーを飲む場所は、なるべくリラックスできるところがオススメです。

「リラックスしてしまうと、起きられないのでは?」と思われてしまいますが、仮眠時に体が緊張状態だと、疲れを取ることができません。

そうすると、仮眠の効果を得られなくなってしまいます。

そのため、ベルトなどを緩めて「自分がリラックスできる環境」を整えていくことが「仮眠をする」「コーヒーを飲む」といった効果を最大限に発揮させる方法なのです。

仮眠前にコーヒーを飲むなら、ランチ後がベスト

今回は「仮眠をする前にコーヒーを飲むメリット」「仮眠前にコーヒーを飲むときのポイント」についてご紹介ました。

仮眠をする前にコーヒーを飲み、仮眠の適切な時間帯に起きられることによって、仕事のパフォーマンスが上がっていきます。

ただ、そのタイミングを間違えてしまうと「夜、寝れなくなってしまう」という現象が起き、次の日の仕事にも影響が出てしまいます。

そのようなことを避けるためにも、仮眠をする際にコーヒーを飲むタイミングは「ランチあと」がオススメです。

「仮眠前にコーヒーを飲むときのポイントが知りたい」「仮眠をするときにコーヒーを飲む理由が知りたい」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヘルスケア総合メディアサイトのメールマガジンを購読しませんか?

定期的に健康に関する情報を発信しています。メールアドレスを入力するだけで購読できます。