仮眠の効果が高まる工夫とは?仮眠の効果が発揮できるタイミングも徹底仮説

「昨日、夜更かししたから眠い」

「最近、なかなか睡眠を取れていない」

こう言った悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

睡眠というのは、人によって眠りの深さが違い、疲労感も取れにくく、日常生活に支障が出てしまう方もいます。

また、仕事をしている人にとっては、眠気を我慢しながら働いてもパフォーマンスが落ちてしまい、また残業で睡眠不足に…なんてこともあるのではないでしょうか。

しかし、そのタイミングで仮眠を取り入れようと思っても、「仮眠の効果が実感できない」「仮眠の効果って本当にあるの?」と思う方もいます。

そこで、今回は仮眠の効果を最大限に発揮できるように「仮眠の効果が発揮できるオススメのタイミング」「仮眠の効果が発揮できる工夫」について解説していきます。

仮眠の効果とは?

お昼休みなどに、短時間の仮眠を行うことで、その後の仕事のパフォーマンスにも繋がります。

また、仮眠の効果として「その後の睡眠の質が変わる」「疲労が少し回復する」などのメリットもあります。

仮眠を上手に取り入れ、いろいろな方法で仮眠の効果を上げていくことで、頭の切り替えにもなり、夜までスッキリと過ごせるようになります。

そのため、適切な方法で仮眠の効果を上げていくことが大切なのです。


仮眠の効果が発揮できるオススメのタイミングとは? 

「仮眠して、起きたときの気分を落ち込みさせたくない」

「仮眠の効果を利用して、作業のパフォーマンスをアップさせたい」

仮眠をするときには、このように感じる方が多いと思います。

そのため、仮眠の効果を最大限に発揮されるには「仮眠の効果をアップするタイミング」を知る必要があるのです。

そんな、仮眠の効果を最大限に発揮することができるタイミングとは「仮眠の効果が得られる時間帯」「仮眠の効果が発揮される睡眠の長さ」です。

そこで、ここからは、さらに仮眠の効果を発揮できるよう、詳しく説明していきます。

①仮眠の効果を高めるには、8がキーワード?

実は、仮眠の効果を高めるためには、朝、起きたときから8時間を経過していることが大切なのです。

例えば、7時に起きる人ならば、仮眠の効果を発揮できるのは、その8時間後の15時になります。

では、なぜ、起きてから8時間の経過で仮眠の効果が高まるのか。

それは、「8時間」という時間こそ、人間が本能的に脳を休ませようと働きかけることによって、仮眠の効果が高まると言われているのです。

つまり、8時間後に眠くなってしまうのは、脳が「そろそろ脳を休ませでください」というサインの現れなのです。

しかし、仮眠の効果が最大限に発揮されるのにもかかわらず、このタイミングを逃してしまうと「睡眠障害」になるリスクも高まります。

また、仮眠の効果を高めるタイミングより遅くなってしまうことで、起きたときの「眠気」「疲労感」が倍増してしまうのです。

そのため、眠くなってきたら、睡眠の効果を高めるタイミングを利用することが大切です。

②仮眠の効果を高めたいなら、15~20分で起きること

仮眠をした後の悩みとして「スッキリしない」「眠気が取れない」ということが挙げられると思います。

そのような「仮眠のあとのスッキリさ」などの悩みが起こってしまう原因は、仮眠の効果を高めてくれる「仮眠の効果が発揮できる時間」を超えているからなのです。

一般的に仮眠の効果を高めてくれる仮眠の効果時間は、5~15分と言われています。

また、かなり疲れている場合でも、仮眠の効果を高められるのは20分前後です。

しかし、仮眠の効果が発揮することができる20分を超えてしてしまうと、身体が熟睡モードに入ってしまい、起きたときのスッキリ感を体感することができません。

仮眠は「脳のリフレッシュ」を目的としています。

そのため、なるべくなら、脳のパフォーマンスを上げてくれる仮眠の効果時間内に治めることが大切なのです。


仮眠の効果を高めることができる工夫とは?

「そろそろ、仮眠の効果を高める時間帯に入ったし、仮眠しようかな」

「仮眠の効果を最大限に発揮したい」

このように思っていても、仕事先のお昼休みや学校などでは、仮眠をするための時間と場所が限定されてしまいます。

しかし、仮眠の効果を上げるためには「時間」と「場所」は欠かせないポイントでもあります。

では、このような「仮眠の効果を損なってしまう場所」では、どうやって仮眠の効果をアップしていくのか。

ここからは、仮眠の効果を少しでも高めることができる「仮眠の効果を高める3つの工夫」をご紹介していきます。

①リラックスできる環境を整える

短時間の仮眠では、イスに座ったまま行うことで仮眠の効果を高めることができます。

その理由は、先ほど言ったように、身体が熟睡モードに入ってしまうと目覚めのスッキリ感がなく、避けに疲れを感じてしまうからです。

ただ、硬いイスに座るのではなく、「背もたれがある」「ヘッドレスト」「ネックピロー」などの仮眠の効果を高めてくれるものを活用することが大切です。

また、仕事場所によっては、明るさや音が気になると思うので、仮眠の効果を高めてくれる「アイマスク」「耳栓」などの活用もオススメです。

このように、仮眠の効果を一瞬で高めてくれるグッズを利用することで、短時間で熟睡できるようにしましょう。

②仮眠の効果を高め、効率よく眠気をとる

仮眠の効果を高めつつも、短時間で効率よく眠気を取る方法があります。

それは、「眠気が来る前に、5分の仮眠をとること」です。

先ほど言ったように、仮眠の効果を高められる時間帯は、起きてから8時間後になります。

しかし、仕事のジャンルによっては、仮眠の効果を高められる8時間後に仮眠をすることができない方もいると思います。

そこで、仮眠の効果を高める時間帯の約1~2時間前に仮眠することで、短時間でも効率的に仮眠の効果を高めることができるのです。

③仮眠の効果を高めるカフェインの飲み方

睡眠不足が続いてしまうと、「いつの間にか寝ていた」「仮眠の効果を高める時間帯より、早めに眠気が来る」ということもあると思います。

しかし、何もせずにそのまま仮眠をしてしまうと、「目覚めが悪い」「眠気が長引く」「スッキリしない」などの仮眠の効果のデメリットが出てきてしまいます。

そこで、仮眠からはイメージができない「カフェイン」を摂取することで、仮眠の効果を高められることもあるのです。

ただ、仮眠の効果を高めるためにカフェインを摂取する場合は、仮眠をする20分前後に飲むことがオススメです。

カフェインを仮眠する20分前後の時間で飲むことで、スッキリと目覚めることができます。

このような、仮眠の効果を高める方法は、夜勤のお仕事をしている人にオススメです。

また、「仮眠をすると、毎回スッキリしない」という人も試してみてください。


仮眠の効果を高めるには、「時間」と「工夫」が必要

今回は仮眠の効果を最大限に発揮できるように「仮眠の効果が発揮できるオススメのタイミング」「仮眠の効果が発揮できる工夫」について解説しました。

眠気というのは、人間の本能的な部分となりますので、仮眠をする際の効果を高めることによって、仕事のパフォーマンスを上げることができるのです。

そのため、大切なプレゼンなどの前は、普段よりも仮眠の効果を高める工夫をすることがオススメです。

「仮眠の効果を少しでも高めたい」「仮眠の効果を高める工夫とは」と疑問に思っている方は、ぜひこの記事を参考に、効率よく仮眠の効果を高めていってはいかがでしょうか。

ヘルスケア総合メディアサイトのメールマガジンを購読しませんか?

定期的に健康に関する情報を発信しています。メールアドレスを入力するだけで購読できます。