健康経営の睡眠とは? 健康経営で睡眠が重要視される理由を徹底分析

「企業にとって、なぜ健康経営の睡眠に取り組む必要があるの?」

「企業ができる健康経営の睡眠の改善方法は?」

最近では「健康経営という言葉を目にするようになり、企業側が健康経営のおける「睡眠の質」などに注目するようになってきました。

健康経営とは、従業員の心身の安定をサポートすることで、生産性の向上などに役に立つとされています。

しかし、睡眠となるとプライベートな面もあることから、どう取り組んでいくかが問題視されているのです。

そこで今回は、健康経営が「睡眠」に着目する理由と、企業がどのようにして健康経営の睡眠に取り組んでいけば良いのかをご紹介していきます。

健康経営で「睡眠」が必要な理由とは?

健康経営で睡眠が必要と言われても「なぜ、健康経営で睡眠?」「健康経営と睡眠には、どんな関係あるの?」と疑問に感じる方もいると思います。

Saijing Day
Saijing Day

そこで、ここからは健康経営において「なぜ、睡眠が必要とされているのか」をご紹介していきます。

①日本人特有の睡眠不足

健康経営で「睡眠」が必要な理由1つ目は「日本人特有の睡眠不足」があるためです。

日本は、昔から「睡眠不足の国」とも言われているほど、睡眠に関して悩んでいる人が多いのです。

そのため、健康経営において睡眠を改善することで「生産性が上がるのではないか」と着目されているのです。

一般的に、日本人の平均的な睡眠時間は6時間前後と言われており、OECD加盟国27カ国中でワースト1位となっています。

その他にも日本が「健康経営で睡眠」の改善に力を入れている理由として、日本人の睡眠時間が6時間未満の人が4割にも及んでいるからなのです。

その状態が一週間続くと、徹夜した状態と同じような能力まで低下してしまいます。

不眠症に悩んでいる人の割合でも成人の21.4%が悩んでいるため、健康経営で睡眠に着目して改善を行うだけでも企業としても従業員たちにしても、メリットが豊富になっていくのです。

②睡眠の質でストレス値が上がるから

健康経営で「睡眠」が必要な理由2つ目は「睡眠の質でストレス値が上がるから」です。

健康経営には睡眠が欠かせませんが、その理由は「ストレス」による二次被害が起こるためです。

企業にとって、健康経営を行わずに従業員の睡眠不足が続いてしまうと、日常的な業務でストレスが溜まっていき「小さなミス」が増えていきます。

また、健康経営の睡眠に着目しないことによって、疲労が蓄積されていき体調不良を引き起こす従業員たちが増えていくのです。

健康経営の睡眠制度が行われないうちにストレスが溜まっていくと、小さなミスでも心のダメージが大きくなってしまいます。

そのダメージが蓄積されていくことによって、うつ病などのメンタルヘルス不調につながっていってしまうのです。

このような状態が続いていくと、従業員たちの退職や休職のリスクも高まることから、健康経営に置いて「睡眠」が必要とされているのです。

③企業にとっても不利益が大きい

健康経営で「睡眠」が必要な理由3つ目は「企業にとっても不利益が大きい」ことです。

先ほども言ったように、健康経営で「睡眠」の改善を行わないことで従業員の退職者や求職者が増えていき、企業の損失がカバーできないほどになっていきます。

また、健康経営で「睡眠」に着目した経済産業省の調査によると、企業内で「睡眠不足の従業員」「睡眠に問題を抱えていない従業員」を比較していった場合において、企業の損失として「年間約32万円」の損失コストが生じると明らかになっているのです。

健康経営において睡眠の損失コストだけを考えると、企業によっては「そこまで大きくないな」「企業がわざわざ健康経営で睡眠に着目しなくてもいいか」と思うかもしれません。

しかし、健康経営の睡眠に着目しないことによって出る32万円という損失コストは、あくまで目安です。

そのため、企業が大きければその分の損失コストが増えていきますし、中小企業の場合は休職などによって「人数が減る」ことで受注できない仕事も出てくるのです。

健康経営の睡眠でパフォーマンスが低下していくと、その分の生産効率を上げようと採用コストも追加されていきます。

健康経営で睡眠の改善を行わないことで、従業員たちの体調不良による医療負担も増えていくことから、企業の損失を少なくするためにも健康経営の睡眠に着目するべきなのです。

企業にできる健康経営の睡眠改善方法とは?

企業にとって健康経営における睡眠不足は、さまざまな損失を生むことが理解できたと思います。

しかし「実際に健康経営として、どう睡眠改善を行っていけば良いのか」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

健康経営において「睡眠が大切」と言われても、プライベートの問題とイメージされやすいため、企業として行う改善方法を考えるのが難しいのが現状です。

そこで、ここからは企業だからやってほしい「企業にできる健康経営の睡眠改善方法」をご紹介していきます。

そこで、ここからは企業だからやってほしい「企業にできる健康経営の睡眠改善方法」をご紹介していきます。

①睡眠リテラシーを上げる環境作り

健康経営の睡眠改善方法の1つ目は「睡眠リテラシーを上げる環境作りをすることです。

健康経営において「睡眠」の着目が大切にされていても「どう睡眠の質を高めていけば良いのか」と悩んでいる方も多いと思います。

また、最近では、睡眠の質の改善に関する情報も出ていますが、今よりも「質のいい睡眠を取る方法」「今よりもパフォーマンスを上げる方法」に着目しているものが多く「睡眠に問題ある人が、どう解決していけば良いのか」を提示しているものが少ないことが現状です。

そこで、企業側が健康経営の「睡眠の改善」を取り入れていくことによって、従業員たちに睡眠の大切さだけではなく、睡眠の質の低下に悩んだときにどう改善していったら良いのかを提示していくことが大切になっていくのです。

企業全体で健康経営における「睡眠」に着目しているという事実だけでも、従業員たちは「睡眠の質」について考えるようになっていきます

②経営トップの健康経営における睡眠への意識改革

健康経営の睡眠改善方法2つ目は「経営トップの健康経営における睡眠への意識改革」です。

最近では、法の整備などによって減少していきましたが「睡眠を削ってでも、会社に尽くすべきだ」「昔は、寝ないで仕事をすることが多かった」など、健康経営の「睡眠」に関するリスクをわかっていない方もいます。

そのような方が企業のトップとして立ってしまうと、「健康経営における睡眠」への着目がなくなってしまうのです。

ちなみに、厚労省が発表している『健康づくりのための睡眠指針』では、17時間以上起きている場合、認知・作業能力が酒気帯び運転の際と同程度のレベルまで低下すると書かれています。

それほどまでに、企業における健康経営の睡眠への考え方が必要になっていくのです。

そのため、企業側はトップから健康経営のことを学び、それを従業員たちに伝えていくことが大切なのです。

③睡眠に対する相談場所の設置

健康経営の睡眠改善方法3つ目は「睡眠に対する相談場所の設置」です。

いくら企業側が従業員たちに対して、健康経営における睡眠の大切さを力説したとしても、従業員たちは「どう改善していけば良いのか」がわかりません

また、会社の方針で健康経営における睡眠を前面に押し出しても、現時点で「睡眠の質」に悩んでいる方にとって「誰に相談していけばいいのか」と悩んでしまうのです。

「睡眠の質の低下」は、プライベートな側面もあるため「こんな悩みで誰かに迷惑をかけられない」と思っている方も非常に多いのです。

そこで、企業の方針として健康経営における睡眠の質の改善を行うことが決まったら、まず「相談窓口」を設置することが大切なのです。

健康経営における「睡眠の相談窓口」を設置するときは、産業保健スタッフとの面談が気軽にできるような機会づくり

また、医療機関やカウンセリングなどを従業員の方が気軽に利用できるようにしていくことで、企業全体が健康経営における「睡眠」に着目していると言えるのです。

健康経営における「睡眠」は、企業全体で取り組むことが大切

今回は、健康経営が「睡眠」に着目する理由と、企業がどのようにして健康経営の睡眠に取り組んでいけば良いのかをご紹介しました。

企業における健康経営の睡眠の改善は、トップの意識改革も必要ですが「なぜ、健康経営において睡眠の過善が推奨されているのか」「それを踏まえて、健康経営における睡眠の質にどう取り組んでいくのか」を従業員たちに共有していくことが大切なのです。

「健康経営の睡眠の重要性」を知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヘルスケア総合メディアサイトのメールマガジンを購読しませんか?

定期的に健康に関する情報を発信しています。メールアドレスを入力するだけで購読できます。